司法書士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

司法書士業の歴史と発展

司法書士という資格はどうして、どのように出来たのでしょう。

かつて日本では慣習や地域のならわしで地域の掟や土地区画が統治されていました。いわゆる「先祖代々住んでいるのでここからここまでは私の土地」のようなあいまいなものでした。明治時代に入り、日本が近代国家と変化する中で共通の法の書式、すなわち誰が見ても「ここが誰の所有の土地なのか」をわかる形で整備する必要がでてきました。

しかし、その頃はまだ,書面による土地の区画整備なども進んでおらず、その上国民の識字率も高くなかったため、現在の司法書士にあたる代書人が深く広く庶民の中で活動をして整備をはじめたのが法律の実務家としてのきっかけだといわれています。

司法代書人として庶民の中で法務活動を続けていくうち1935(昭和10)年 には司法書士法が制定され、「司法代書人」が「司法書士」となり、同じく法律の実務家として活躍をしていた弁護士とは異なる地位が確立していきました。この時期に弁護士と異なった分野である「登記」を専門的に扱うようになりました。

さらに、1950(昭和25)年には新憲法の下で新司法書士法が成立、1956(昭和31)年には司法書士会への強制加入が義務付けられ司法書士は司法書士会に入会しないと業務ができないようになり、司法書士の使命は単なる代書を行う立場から、憲法の精神に法った法の担い手として国民の役に立つ法律家へと変化してきました。

そして、1978(昭和53)年司法書士法が一部改正され国家試験制度が導入されるなど資格に関する制度の合理化、登録制度が新設され司法書士としての登録が整備されました。

また、司法書士制度の目的および司法書士の職責に関する規定を明確に定め、所属会員に対する注意勧告や連合会の法務大臣に対する建議についての規定を設けるなど、司法書士制度の使命倫理を大きく発展させました。

この中で、司法書士の使命は、国民の権利の擁護と公正な社会の実現にあることを謳った基本姿勢を司法書士倫理が制定され、倫理規定を遵守することが義務付けられました。

こうして法に基づいた登記の専門家として変革をなしてきた司法書士の役割にも近年の司法制度改革の流れで、その役割が大きな変化がもたらされました。

特に、平成14年の司法書士法の改正によって、認定司法書士には、簡易裁判所での代理権が与えられ、簡易裁判所においては、弁護士と同様の訴訟活動が出来るようになりました。この代理権の付与により、債務整理や成年後見、消費者問題、犯罪被害者対策、DV対策、ホームレス対策、法律相談等とさまざまな分野で司法書士が活躍できるようになりました。

スポンサード リンク

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.