司法書士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

不動産登記

「不動産登記」とは一般的にはなじみの薄いものですが、簡単にいうと土地や建物といった不動産が誰のものかを公示するためのものです。

例えば家や土地などの不動産を売買したときに、この不動産が誰からいつ所有権が移ったかを法務局で閲覧できるように記載する手続きが「登記」です。

不動産は動産のように持ち歩いたり、自分の鞄にいれて保管したり、名前を書いておいたりできないため「この不動産はいつ誰から取得したものです」ということを皆に公示しておくことが必要なのです。

また、抵当権設定のように不動産を担保にお金を借りるときも司法書士が手続きをします。これも「この不動産には抵当権がついている」ということを公示することによって取引の安全を図るためです。

たしかに、一般の人が家や土地を売ったり買ったりする回数は一生にそう何度もありませんし、もし家や土地を売買することがあっても個人から個人へというケースは稀で、大抵は不動産業者が仲介に入ります。

ですので、司法書士はそういった不動産業者から仕事の依頼をうけるのが通常です。また、抵当権の設定などは融資主となる銀行が仕事の依頼主となる場合も多々あります。

不動産登記の仕事内容については仕事の早い遅いはあったとしても「登記が上手い」という基準はないです。

そうだとしても、不動産登記の場合は額が大きいのでうっかりミスなどが許されない業務ですので、決定した事項を間違いないように書類作成し、法務局に提出することが業務内容となります。

登記にかかる印紙代が不動産の取引金額によって変わってきますが印紙代はかなり高額となる場合がおおいですので、一見、仕事は単純に見えたとしても責任は重い仕事です

不動産に興味がある人は不動産登記をしていても面白いでしょうし、実際仕事を受注する不動産業者との会話も弾み、自身の知識となっていきます。

実際に不動産の売買価格や売買数などはその地域の経済状況を顕著に表します。そういった場面に携われることは、常に社会状況をリアルに知ることができるという意味でも強みとなります。

スポンサード リンク

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.