司法書士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

書類作成業務

司法書士は裁判所・検察庁・法務局に提出する書類の作成や成年後見人等選任の申立書、各種契約書などを作成せることができます。

私たちの身の回りにもこういった公的な書類が必要となるケースは沢山あります。

相続によって遺産分割の協議が行われた。
遺言書を作っておきたい。
祖父母に成年後見人が必要となった・・・などニーズも様々です。

また、最近では破産申立書の作成、民事再生申立書の作成、債務を弁済するにあたっての協議をするための特定調停申立書の作成の仕事も増加しています。

そして、最近さらに顕著なのが、サラ金等へ多く返済をしすぎている場合などに過剰支払金を取り戻すための書類の作成です。この場合は、適正な金利に引きなおして計算をした上で交渉にあたります。

また、民間の契約書にいたっては売買契約書や賃貸借契約書、コンサルティング契約書などまで多岐にわたります。実際にこのような様々な書類作成業務は司法書士にとって「仕上がりに差がでる仕事」といえます。

たしかに、書類を作成できる資格は他にも弁護士や行政書士などもありますが、書類作成というのはフォーマット通りに作ればいいというものではなく、あくまでも依頼主の立場にたって、今後、契約者間で揉め事がおこらないように配慮をして作成することが大切となります。

ですので、司法書士だからこそ、その経験などを活かして作ることができる書類の作り方があるといえるでしょう。

親身になって相談にのれるのも、クライアントの立場で書類が作成できるのも沢山の人と触れ合いながら仕事ができる司法書士だからこそといえます。実際に、相談にくるクライアントの中には「弁護士ではこういうふうにはいかない」と司法書士に頼んでくる人も多いです。

また、司法書士にとってこの書類作成業務を通じて、多岐に渡る職種の人からの相談を受けた上で書類を作成することになるので、様々な業種を知ることもできます。

決して法律解釈だけで表面的な作業をするのではなく、親身になって話を聞いた上で困っている人を助けることができる業務の一つだといえます。

スポンサード リンク

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.