司法書士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

訴訟代理

現在では司法書士に140万以下の簡易裁判所事件の代理権が与えられたので該当事件については簡易裁判所で弁護士と同じように代理人となって相手方と交渉や調停をしたり、相手方に対して裁判を起こすことができます。

これは司法書士の全員が行えるのではなく一定の研修を受け法務大臣から認可された司法書士(認定司法書士)に限られますが、裁判外の和解も弁護士と同じように行うことができます。

最近はサラ金問題や債務整理なども増えてきています。

実際に140万という額では少なすぎて、訴訟代理として役立てるのかと心配になる方も多いようですが、あくまでも債務額全体をさすわけではなくその争いごとの基礎となる金額をさします。ですので、実際に司法書士で扱える法律事件は多く司法書士が活躍する場面も多いです。

訴訟というと一般的には弁護士がイメージされます。訴訟代理として依頼を受けるに当たって司法書士と弁護士との違いの一つに、クライアントとの関係があげられるといえます。

弁護士の場合はどうしても争いになってから、相談に来て事実を理解するケースが多いですが、司法書士の場合は、登記や書類作成などで以前から付き合いのあるクライアントの困りごとの解決策として訴訟を担当することが多いです。

その場合、色々な諸事情を把握できているのも強い利点ですし、信頼関係が築けているため、良い形で解決できることが多いです。

また、最近では行政が行う無料市民相談などに司法書士が交代で相談を受けることも多く「市民の味方」として活躍の場を広めています。実際に、普段の業務内容や経歴などから、親身になって相談にのれる場合も多いです。

法律を使って人の役にたちたい、と考えている方なら司法書士という資格はある意味では弁護士よりも、密接に人と関わり法律を使って人の役に立つ資格といえます。

スポンサード リンク

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.