司法書士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

終電帰宅は当たり前の生活

司法書士と一言でいっても主にこなす業務の種類、とりわけ取引先の相手によって仕事の仕方は様々です。

一般的には法務局と連動してイメージをもたれる方が多いようで、五時で仕事が終わるようなイメージをもたれている方も多いようです。

しかし、主な取引先が銀行の司法書士事務所の場合、実際は三時までに銀行での抵当権設定や抹消の業務を、五時までに法務局への提出業務をこなします。また、取引先であるほとんどの銀行が朝八時から稼動しているため八時過ぎから事務所の電話が鳴ります。

ですので、実際に落ち着いて書類を作成したりできるのは五時以降となってしまいます。

また、取引先である銀行での融資案件等が増えると比例して仕事が増えるので、忙しい時期を自分で設定しにくいのも実情です。こうなると毎日終電間際に帰宅の日々が続きます。

五時以降からは地味な書類作成の仕事であるため、なかなか外部の人にはわかってもらえず、家族にも「毎日遅くまで何しているの」と言われてしまう有様です。

司法書士はなんとなく五時で仕事が終わって休み等もきっちり休んでいる、いわゆる公務員のような仕事をイメージされることもありますが、事務所にもよりますが、銀行を取引先にもっている事務所ですと、実際はたまった書類の整理に休日出勤もしますし、五時で切り上げられることはほとんどないです。

どの仕事でも同じですが、司法書士は地味な作業の時間が多いです。

一般企業の場合ですとこういった作業は外注やアルバイトに任せて時間の効率化を図っていくのだと思いますが、司法書士の場合は守秘義務の関係や知識が必要となるため自分たちですべてしないといけません。

「やるときはやる。休むときは休む。仕事はメリハリをつけて」などと聞くと自分で忙しさとメリハリを決められる職場ってうらやましいと思ってしまいます。

スポンサード リンク

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.