司法書士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

年収が1700万平均ってほんと!?

資格を目指す人たち向けのツールに時々「平均年収」などが記載されていることがあります。

その平均年収で「司法書士は1700万」などと見かけることがありますが、正直1700万の年収を得ている司法書士はほとんどいないのではないでしょうか。

もちろん不可能な数字ではありませんが、司法書士という職業は廃業する人が少ないため理論上毎年、司法書士人口は増えています。

しかし依頼元となる登記元となる不動産の数や会社の数は増えているわけではありません。その上コンピューター化が進み、以前だと司法書士に頼まざるを得なかった作業もネット上でできてしまいます。それらを考えると純粋に従来の司法書士の業務だけでは収益を伸ばすことが難しくなっています。

また、地方では個人で開業している司法書士が多いのですが、都市では司法書士事務所で雇われている司法書士もかなり多くいます。雇われ司法書士の月収はサラリーマンとあまりかわらず21万~30万くらいが実情です。

また、独立しても、仕事が円滑に永久にあるとは限らないです。ましてや独立した場合は諸経費等を入れると赤字になる事だって考えられます。

これらを総合的に考えても単に「司法書士は年収が多そうだ」というイメージがあるだけで実際は一般企業のサラリーマンよりも年収が少ない司法書士も沢山います。

どの職種でもお金を稼ぐことは努力が必要なことは同じで、「司法書士の資格さえ取れば高い年収が確保される」ということはありません。

ましてやこれからの時代は益々サービス業であるということを肝に銘じて仕事をしていかないと1700万円を実現することはおろか、せっかく頑張って勉強をして試験に合格したのに食べていけない・・・なんてことにもなりかねません。

スポンサード リンク

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.