司法書士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

司法書士倫理規定(しほうしょしりんりきてい)

司法書士倫理規定とは、司法書士の使命は国民の権利の擁護と公正な社会の実現にあり、その使命を果たすための基本姿勢を制定したものを指します。 

第1章「綱領」に使命の自覚、信義誠実、品位の保持、法令等の精通、自由独立、司法制度への寄与、公益的活動

第2章「一般的な規律」に自己決定権の尊重、説明及び助言、秘密保持等の義務、目的外の権限行使、品位を損なう事業への関与、不当誘致等、非司法書士との提携禁止等、違法行為の助長等、広告宣伝、事務従業者に対する指導監督、私的関係の利用

第3章「依頼者との関係における規律」に受任の趣旨の明確化、報酬の明示、事件の処理、公務等との関係、公正を保ち得ない事件、公正を保ち得ないおそれ、不正の疑いのある事件、特別関係の告知、受任後の処理、利害の衝突、受任司法書士間の意見の不一致、依頼者との信頼関係の喪失、預かり書類等の管理、預かり金の管理等、事件の中止、事件の記録、係争目的物の譲受、依頼者との金銭貸借等、賠償保険、事件の終了

第4章「事件の相手方等との関係における規律」に相手方からの利益授受、相手方本人との直接交渉等

第5章「他の司法書士との関係における規律」に誹謗中傷の禁止、信頼関係の尊重、他の司法書士の参加、他の事件への介入、相互協力

第6章「司法書士会等との関係における規律」に規律の遵守、自治の確立、事業への参加、資質の向上、紛議の処理

第7 章「不動産登記手続きに関する規律」に不動産登記制度への寄与、紛争の発生の防止、公平の確保、権利関係等の把握

第8章「商業及び法人登記手続きに関する規律」に商業法人登記制度への寄与、法令遵守の助言、実体関係の把握

第9章「供託手続に関する規律」に供託手続

第10章「裁判手続きに関する規律」に裁判の公正と適正手続、紛争解決における役割、業務を行い得ない事件、裁判書類作成関係業務、簡裁訴訟代理等関係業務、受任の諾否の通知、真実の発見、法律扶助制度等の教示、見込みがない事件の受任、有利な結果の請け合い等、偽証のそそのかし等、裁判手続の遅延

第11章「成年後見に関する規律」に成年後見制度への寄与、関係機関等との連携、成年後見に関する相談、成年後見等の手続の選択、成年後見人への就任

第12章「その他の職務に関する規律」に検察庁へ提出する書類の作成、審査請求手続、財産管理事務、国籍に関する書類の作成

第13章「共同事務所における規律」に遵守のための措置、秘密の保持、所属司法書士が業務を行い得ない事件、受任後の措置、業務を行い得ない事件の受任禁止

第14章「司法書士法人における規律」に遵守のための規律、秘密の保持、業務を行い得ない事件、社員等が業務を行い得ない事件、他の社員等との関係で業務を行い得ない事件、受任後の措置、業務を行い得ない事件の受任防止

等、全92条が定められています。

スポンサード リンク

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.