司法書士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

増資(ぞうし)

増資とは、資本金の総額を増加させる手続きを指します。 

新しく株式を発行する方法と、剰余金を資本に組み入れる増資とがあり、いずれの方法で行っても資本金額、発行株式数に変更が生じるためそれらの変更登記が必要となります。

殆どの場合増資は新しい株式を発行する形で行われ、その発行する株式又はその処分する自己株式を引き受ける者の募集をしようとするときは、その都度募集株式(募集に応じてこれらの株式の引き受けの申込をした者に対して割り当てる株式のこと)について

(一)募集株式の数

(二)募集株式の払込金額

(三)金銭以外の財産を出資の目的とするときは、その旨並びに当該財産の内容及びその価額

(四)募集株式と引換えにする金銭の払込又は(三)の財産の給付の期日又はその期間

(五)株式を発行するときは、増加する資本金及び資本準備金に関する事項

を定める必要があり、前述の募集事項の決定は株主総会の決議によらなければなりません。

株主に株式の割当てを受ける権利を与える(株主割当)場合は募集事項の他に、株主に対しその有する株式の数に応じて募集株式の割当てを受ける権利を有し申込みを行うことで募集株式の割当てを受ける権利を与える旨とその募集株式の引受けの申込の期日を定めなければならず、引受けの申込の期日の2週間前までに募集要項、当該株主が割当てを受ける募集株式の数、募集株式引受けの申込期日を通知しなければなりません。

募集株式の割当て(第三者割当て)の場合は募集株式の引受けの申込をしようとする者に対し、株式会社の商号、募集事項、金銭の払込みをすべきときは払い込みの取扱の場所、その他法務省令で定める事項を通知する必要があります。

また、募集株式の引受けの申込みをする者は、申込みをする者の氏名又は名称及び住所、引き受けようとする募集株式の数を記載した書面を株式会社に交付し、申込みを受けた株式会社は申込者の中から募集株式の割当てを受ける者と、その者に割当てる募集株式の数を定めますが割当て数は当該申込者の申込み数よりも減少させることができます。

スポンサード リンク

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.