司法書士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

株式(かぶしき)

株式とは、株式会社が事業に必要な巨額の資金を調達するにあたり、資本を小単位に分割し多数の出資者に与える出資権を指します。 

出資者は株主とよばれその責任はその有する株式の引受け価額を限度とし、剰余金の配当を受ける権利、残余財産の分配を受ける権利、株主総会における議決権、その他会社法の規定により認められた権利を有し、株式会社は株主をその有する株式の内容及び数に応じて平等に取り扱わなければならないとされています。

ただし公開会社でない株式会社は前述の権利に関する事項について株主ごとに異なる取扱を行う旨を定款で定めても良いことになっています。

株式会社は株主名簿を作成し、株主の氏名又は名称及び住所、当該株主の有する株式の数(種類株式発行会社にあっては株式の種類及び種類ごとの数)、当該株主が株式を取得した日、株式会社が株券発行会社である場合には当該株主の株式(株券が発行されているものに限る)に係る株券の番号、を記載し又は記録しなければならず、これらの事項を株主名簿記載事項といいます。

また、株式会社の株主はその有する株式を譲渡することができ、またその有する株式に質権を設定することができます。

なお、会社法には株式についてその他にも、「株式会社による自己の株式の取得」には株主との合意による取得、取得請求権付株式及び取得条項付株式の取得、全部取得条件付株式の取得、相続人等に対する売渡しの請求、株式の消却。

「株式の併合等」には株式の併合、株式の分割、株式無償割当て、「単元株式数」には単元未満株主の買取請求、単元未満株主の売渡し請求、単元株式数の変更等、「株主に対する通知の省略等」。

「募集株式の発行等」には募集事項の決定等、募集株式の割当て、金銭以外の財産の出資、出資の履行等、募集株式の発行等をやめることの請求、募集に係る責任等、「株券」には株券の提出等、株券喪失登録など様々な規定が定められています。

スポンサード リンク

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.