司法書士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

土地の登記簿(とちのとうきぼ)

土地の登記簿とは、不動産登記法に基づき公に作成された土地の帳簿で登記所に備えられるものを指します。 

不動産の登記簿は『表題部』『甲区』『乙区』に分けられており『表題部』(土地の表示)には土地の状況が記載されます。
『表題部』
「地図番号欄」には、地図の番号並びに筆界特定の年月日及び手続番号。

「不動産番号欄」には不動産番号。

「所在欄」には土地の所在する市・区・郡・町・村及び字。

「地番欄」には法務省令に定めるところにより付された一筆の土地ごとの地番。

「地目欄」には土地の主な用途により、田・畑・宅地・学校用地・鉄道用地・塩田・鉱泉地・池沼・山林・牧場・原野・墓地・境内池・運河用地・水道用地・用悪水路・ため池・堤・井溝・保安林・公衆用道路・公園・雑種地に区分されるもののうちその土地に該当する地目。

「地積欄」には水平投影面積により㎡を単位として定め、㎡の百分の一未満の端数を切り捨てた地積。

「原因及びその日付欄」には登記原因及びその日付、河川区域内又は高規格堤防特別区域内、樹林帯区域内、特定樹林帯区域内若しくは河川立体区域内の土地である旨。

「閉鎖の事由、登記の日付欄」には登記の年月日、閉鎖の年月日。

「所有者欄」には所有者及びその持分が記載されますが所有権の保存登記を行わなければ第三者に対抗することはできません。

所有権の保存登記が行われると、所有権に関する登記事項を記録する『甲区』が作られ、所有権以外の権利に対する登記が生じればその登記事項が記録される『乙区』が作られます。

『甲区』には所有権の最初の登記、所有権移転の登記、差押え、仮差押、売買の予約、買戻し特約、競売の予定などが記録され、それらを抹消する登記が行われれば抹消と記録されます。

『乙区』には所有権以外の地上権・永小作権・地役権・先取特権・質権・抵当権・貸借権・採石法に基づく採石権など、登記することができると規定されている権利が記録されますので、それら所有権以外の権利が登記されない場合には『乙区』は存在しないことになります。

ただし、『乙区』に登記がある場合は地役権を除いて抹消の要件が調えば抹消登記を行う必要があります。

スポンサード リンク

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.