司法書士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

支配人登記簿(しはいにんとうきぼ)

支配人登記簿とは、商人或いは会社に選任された支配人の登記がされた公の帳簿で登記所に備えられるものを指します。 

支配人は商人に代わってその営業に関する一切の裁判上又は裁判外の行為をする権限を有する商業使用人で、他の使用人を選任又は解任することができます。

会社の支配人に係る登記は会社の登記簿に行われるため支配人登記簿への登記は必要とされません。

いわゆる個人商人の支配人については、商人が支配人を選任したときはその登記をしなければならない、支配人の代理権の消滅についても同様とする(商法第23条)とされ、複数の支配人の登記の申請がある場合は、各支配人について各別の登記記録に登記する必要があります。

登記所に備えられる支配人登記簿の『支配人区』には支配人の氏名及び住所、商人の氏名及び住所、商人が数個の商号を使用して数種の営業をするときは、支配人が代理すべき営業及びその使用すべき商号、支配人を置いた営業所が記録されます。

『登記記録区』には登記記録を起こした事由及び年月日、登記記録を閉鎖した事由及び年月日、登記記録を復活した事由及び年月日が記録され、支配人の代理権の消滅の登記、支配人を置いた登記所の管轄区域外に移転した場合において、旧所在地においてする営業所移転の登記(登記所の管轄区域内その支配人を置いた他の営業所がある場合を除く)等はこの『登記記録区』にされますがこれらの登記をしたときは、その登記記録を閉鎖しなければなりません。

スポンサード リンク

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.