司法書士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

雑供託(ざつきょうたく)

雑供託とは、土地・建物の賃料の弁済のためにする供託、執行供託、担保保証供託、没収供託、保管供託以外の供託を指します。

賃料の弁済という意味では土地・建物の場合と一緒ですが駐車場の賃料の賃料弁済のためにする供託は雑供託とされています。

また買掛金や借入金など債権者に支払う必要のある債務があり、当該債権者の倒産によって第三者にその債務を弁済することになるケースが多くありますが、その第三者が複数に上り債権譲渡通知の効果に疑問がある場合などには「真の債権者を確知できない」ことを理由として供託することができます。

このように、誰に支払えばよいのか分からないまま放置していると利息をつけて支払う必要がありますが供託すれば供託が受理された時点でそれらの債務は消滅し、供託された金銭は譲受人同士で話合いそれぞれ受取るか或いは債権差押が行われると裁判所による配当手続によって支払われることになります。

また、解雇に不満を持つ従業員が給料や退職金の受け取りを拒んだ場合など当該従業員に支払うべき額を供託しておけば、万が一裁判になっても不払いが問題とされることはありませんし、経理上の処理についても早い段階で収束させることができます。

スポンサード リンク

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.