司法書士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

民事執行(みんじしっこう)

民事執行とは、債権者の申立てにより裁判所が債務者の財産を差押え、換価、配分などを行って債権者に債権の回収をさせる手続きを指します。

民事執行手続には強制執行手続、担保権の実行手続があり、それぞれの手続には不動産執行、債権執行、その他の手続があります。

強制執行手続は勝訴判決を得ており、或いは相手方との間に和解が成立しているにも拘わらず相手方が債務の履行をしない場合に、債務名義を得た者の申立てに基づいて相手方に対する請求権を裁判所が強制的に実現する方法です。

担保権の実行手続は債権者が債務者の財産について抵当権等の担保権を有している場合にこれを実行することで債務の履行を確たるものにするための方法ですが、担保権実行手続には判決などの債務名義は必要とされず、担保権が登記されている登記簿謄本などを提出すればよいとされています。

また、それぞれの手続において行われる不動産執行手続きについては目的不動産の所在地を管轄する地方裁判所に書面で申立てを行い、その申立てが適法であると認められれば裁判所は不動産執行を始めること、目的不動産を差し押さえることを宣言する開始決定がなされます。

開始決定を受けて売却の準備、売却、入札、所有権移転、不動産の引渡し、債権者への配当が行われます。債権執行手続は債権者が債務者の勤務する会社を第三債務者として給与を差し押さえ、或いは債務者の預金がある銀行等を第三債務者として銀行預金等を差し押さえ直接取り立てることで債権の回収を図ります。

債務者の住所地を管轄する地方裁判所に申立てを行い、裁判所が認めれば債務者と第三債務者に差し押さえ命令を発し、差し押さえ、取立て又は配当を行います。

スポンサード リンク

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.