司法書士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

遺言執行(いごんしっこう・ゆいごんしっこう)

遺言執行とは、他人の遺言の内容を実現する事を指し、遺言執行者とは遺言執行を任務とする者を指します。

遺言書に遺言執行者が指定されていないときや指定されていた遺言執行者が亡くなったときは、当該遺言書に関わる利害関係者の請求によって家庭裁判所において遺言執行者が選任されることがあります。

これは遺言書に指定がなければ制限行為能力者である相続人による遺言執行を防ぐことができず、また遺言の内容が相続人の利益に反する場合には正しい遺言執行が行われるとは限らないため、正しい遺言の執行を目指して作られた制度です。

遺言執行者は相続人の代理人として遺言執行に必要とされる権限と義務を有することになり、未成年者・破産者でなければ相続人を遺言執行者に指定することもできます。

しかし、遺言の内容を確実に実現させるためにはその相続に利害関係を持たない弁護士や司法書士などを遺言執行者として指定しておくのがいいかもしれません。

遺言書の作成から遺言の執行までをプロに依頼すれば、自筆証書遺言で遺言書を作成するにあたっても法に適った遺言書の作成が可能となり、作成した遺言書を預けておき相続人にその旨を伝えておけば、届けておいた通知者が相続の開始(遺言者の死亡)を通知するだけで、プロによる間違いのない遺言執行が期待できます。

なお、遺言執行者の任務は具体的には次のようなものです。

・相続人に対し遺言執行者の任に就いた旨の通知を出す

・検認が必要な遺言書については家庭裁判所にその検認の申立てをし、相続人又はその代理人の立会いのもとに開封する

・相続財産の目録を作成し遅滞なく相続人に交付する

・認知の遺言がある場合は戸籍の届出をする

・推定相続人の廃除が遺言に含まれていれば、家庭裁判所に審判の申立てをする

・遺言執行の対象となっている不動産の相続登記をする

・受遺者に目的物を引き渡す

以上のほか相続財産の管理その他遺言の執行に必要な一切の行為を行います。

スポンサード リンク

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.