司法書士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

相続放棄(そうぞくほうき)

相続放棄とは、相続が開始(被相続人の死亡)した後被相続人の権利や義務を一切承継しないという意思表示をすることを指します。

相続が開始したとき、相続の効果は相続人の意思と無関係に生じるため相続人には

1.相続人が無限に被相続人の権利義務を承継する単純承認

2.相続人が被相続人の権利や義務を一切受け継がない相続放棄

3.被相続人の債務がどの程度あるか不明であり、財産が残る可能性もある場合に相続人が相続によって得た財産の限度で被相続人の債務の負担を受け継ぐ限定承認

という3つの選択肢があります。

2の相続放棄や3の限定承認を選択するためには被相続人の最後の住所地の家庭裁判所にその旨の申述をしなければなりません。

自己のために相続の開始があったことを知った時から3ヶ月以内に相続の放棄や限定承認をしなかった時相続人は単純承認をしたものとみなされ(民法第921条)、被相続人の権利義務を無限に承継することになります。

そこで、相続財産の確定後に負債の方が多ければ、相続人はその相続に関して最初から相続人でなかったとみなされる相続放棄を選択すれば、被相続人の借金やローンの支払義務を負わずに済み、相続放棄をした相続人の子も代襲相続によって被相続人の負債を承継することはありません。

ただ、相続放棄が家庭裁判所で認められると、詐欺や脅迫によってなされた相続放棄或いは未成年者などの制限能力者がした相続放棄の取り消しを除いて撤回は出来ません。

また、相続人が相続放棄する旨を家庭裁判所に申述する前に相続財産の全部又は一部を処分している場合は単純承認をしたとみなされ相続放棄は不可能になります。

スポンサード リンク

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.