司法書士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

債務整理(さいむせいり)

債務整理とは、多重債務や失職で収入が無くなるなど借金の返済ができなくなった場合法的手続きや債権者との交渉などの方法によって債務額の圧縮、支払い方法の変更を行うことを指します。

債務整理には自己破産・特定調停・任意整理・民事再生の方法があり、この内自己破産は地方裁判所に申し立てを行い免責決定がなされた時点で債務の支払義務が無くなります。

また特定調停は簡易裁判所に申し立てを行い調停委員主導で各債権者と協議し和解を図るもので、返済義務は残りますが利息制限法に基づいて計算し直し減額された元金について返済計画を立てる債務整理です。

任意整理は法的手段によらず債権者と個別に交渉して和解の成立を目指す方法ですが、法的知識が必要とされる交渉が大部分を占めるため、弁護士或いは司法書士が代理権を付与されて行うことが多くなっています。

最後の民事再生には法人事業者を対象とする通常の民事再生と個人債務者のみを対象とする個人民事再生があり、個人民事再生では自ら立てた再生計画案を裁判所に認めてもらう必要があります。

裁判所が再生計画案を認めれば残っている債務の一部について免除を受けることが出来、免除後の債務残高を一定期間に分割して返済していく債務整理の方法です。

いずれの方法で債務整理を行うにしても一定期間内においてはクレジットカードでの買い物、ローン、貸金業者からの借金も実質的に不可能になります。

スポンサード リンク

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.