司法書士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

任意整理(にんいせいり)

任意整理とは、裁判所を介さず債権者と個別に交渉し債務の引き下げや返済方法について和解の成立を目指す債務整理の方法を指します。

直接債権者(貸金業者)と交渉するため法的な知識や交渉能力が求められますので代理権を付与された弁護士・司法書士が行うことが多いようです。

弁護士・司法書士に依頼すると弁護士・司法書士は債権者に受任通知を送り、弁護士・司法書士の介入を通知して返済を止めます。それ以後は債権者が債務者にたいして直接取り立てに押しかけることは勿論電話をかけることも禁止されるため債務者は厳しい取り立てから開放されます。

弁護士・司法書士は債権者に対し全ての取引履歴の開示を求め債務者の記憶、契約書、明細書、カード等と突き合わせ間違いなく全ての開示が行われているかどうかを検証します。

開示されていないものが存在するならその開示についても債権者にさらに要求し、全てが整ったら利息制限法に基づいて引き直し計算を行います。取引が長期に亘っている場合、引き直し計算をすると元金残高がなくなっているにも拘らず利息を支払い続けていることがあります。

完済した借金なら過払いの請求を行い、新たに借金をしているなら新たな借金の元金に充当するなどの処理をします。弁護士・司法書士は各債権者に対して同様の手続を行って借金の残高を確定し、それに基づいて分割で支払う和解案を作成して債権者と交渉します。

この分割の期間は3年が目安となっており、同時に今までの延滞損害金や将来の利息もカットした内容にします。簡単に和解が成立すれば言うことなしですが、債権者の中には和解案に同意しない業者もいるため、和解の条件を検討し再度和解案を提示することもあります。

また、業者との和解が成立すれば借金が減額され返済額も任意整理前と比較して楽にはなりますが、一定期間借金やローンを組むことは出来なくなります。

また和解成立後は返済金をまとめて弁護士・司法書士事務所に振り込み、そこから複数の債権者あてにそれぞれの返済額を振り込む積立方式を取り入れ和解条件通りの返済ができるよう弁護士や司法書士がサポートします。

スポンサード リンク

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.