司法書士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

過払い金返還請求(かばらいきんへんかんせいきゅう)

過払い金返還請求とは、債務者が利息制限法に定める上限を超えた設定金利により支払った元利金について、利息制限法で引きなおし任意で支払う必要のない金額を算出し、支払った金額との差額の返還を請求することを指します。

つまり、出資法の上限29.2%に限りなく近い設定がされている貸金業者の金利で返済した額を貸金業者が開示義務を負う取引履歴を基に算出し、利息制限法に定められた金額ごとの上限金利で算出した額との差を任意で支払う必要のないものとして返還の請求をするのです。

通常利息制限法に基づいてひき直し計算をすれば、元金が大幅に減って将来の返済額も減少させることができます。

また取引が長期に亘っている場合には、借金をした時点に遡って計算し直せば返済途中で元金が0円になり、存在しない借金の利息を払い続けているケースも多くあります。

後者については過払い金が発生している確率が非常に高く、払う必要のない利息をこれ以上払わないで済むよう出来るだけ早く弁護士、司法書士に相談し確実に取り戻すための返還請求を行うべきです。

過払い金返還請求については、近年依頼件数の増加で返還請求に多くの実績を持つ事務所が増え、的確な事務処理が期待できます。

また、2009(平成21) 年12月に予定されている貸金業法の改正法施行によって貸金業者の出資法を根拠とした金利の設定が明確に禁止されることになり、施行後は利息制限法の上限20%を超える金利は刑事罰の対象となり、一律で20%の金利設定をした場合10万円以上100万円未満は年18%までとの差2%、100万円以上は年15%までとの差5%については行政処分の対象となります。

当然債務者は金利の差に対応する利息を支払う必要はありません。

スポンサード リンク

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.