司法書士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

連帯債務者(れんたいさいむしゃ)

連帯債務者とは、住宅ローンなどの返済の義務を負う主たる債務者と共に返済義務を負う者を指します。 

本来連帯債務は債務者を複数にすることで債権回収の確実性を高める人的担保としての機能を有しています。

数人が連帯債務を負担するとき、債権者はその連帯債務者の一人に対し又は同時に或いは順次に全ての連帯債務者に対し、全部又は一部の履行を請求することができる(民法第432条)とされているように、連帯債務者はその債務の一定割合の債務を負うのではなく、債務全体に対する義務を負います。

例えばA氏、B氏、C氏の3人がW氏から150万円を借入れ、その返済に対して連帯責任を負うとした場合、A氏、B氏、C氏は50万円ずつの返済義務を負うのではなく、各自がそれぞれに150万円の返済義務を負うことになります。

そしてA氏、B氏、C氏の内の誰かがW氏に150万円を返済した時点で、他の者の債務も消滅します。

また住宅金融支援機構の「フラット35」を収入合算や親子リレー返済で利用する場合では、借入れの申込本人と収入合算に対象となる者、或いは申込本人の子孫で、連帯債務者になれる事という条件が付けられています。

収入合算で夫婦が連帯債務者となり、後に離婚した場合であっても連帯債務の担保責任を免れることはできません。収入の変化や離婚など状況がどのように変化しても、債務の全額が弁済されない限り連帯債務者は担保責任を負います。

スポンサード リンク

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.