司法書士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

ヤミ金(やみきん)

ヤミ金とは、貸金業規正法に基づく財務局或いは都道府県の登録を受けずに無登録で貸金業を営む業者或いは登録をしていても違法な高金利で融資する業者等を指します。

法律に違反する高金利で貸付を行い、悪質な取立てをするなどその被害が大きな社会問題となり、平成15年に貸金業規制法及び出資法の一部改正法(いわゆるヤミ金対策法)が成立し翌16年1月1日から施行されています。

この改正では貸金業の登録審査の強化、登録要件の厳格化、無登録業者に対する規制強化、公告・勧誘行為に関する規制の強化、取立て行為等に対する規制の強化、貸金業取扱い主任者制度の創設、高金利を定めた貸し付け契約の無効、罰則の大幅な引き上げ等が行われました。

また、平成19年1月から施行された改正貸金業法では、その罰則が10年以下の懲役若しくは3000万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する(貸金業法第47条)と、より大幅に引き上げられています。

平成20年最高裁はヤミ金による貸付金は、不法な原因のために給付をした者はその給付したものの返還を請求することが出来ない(民法第708条)とされている不法給付にあたるとして、ヤミ金から借りたお金は元金も含めて返済の必要がないとしました。

しかし、一般の貸金業者からお金を借りることの出来ない自己破産者や、生活苦のために止むを得ずヤミ金を利用せざるを得ない人の数はそれ程減少していないようです。

スポンサード リンク

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.