司法書士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

事故者(じこしゃ)

事故者とは、ローンやクレジットの一定期間の延滞或いは自己破産手続等を行った、いわゆるブラックリスト該当者を指します。

信用情報機関は消費者ローンやクレジットの取引に関する契約内容や返済状況等の客観的な事実をデータとして保有し、このデータを金融機関や貸金業者或いはクレジット会社が借入金の返済能力、購入代金の支払能力を判断するための参考資料として利用します。

新たにローンやクレジットの申込をする場合、事業者は信用情報機関に対してその人の信用情報を照会します。

この信用情報に事故者である旨の記録があれば、まずローンを組むこともクレジットカードを作ることも出来ないと思って間違いはありません。

信用情報機関が収集する個人に関する信用情報は機関により異なりますが、氏名・生年月日・性別・住所・電話番号・勤務先・勤務先電話番号・本人確認書類(運転免許証番号、パスポート番号、健康保険証番号、外国人登録証明書番号等)など「個人を特定する情報」。

取引商品の種類・借入(利用)日・借入(利用)金額・入金日・残高金額・入金予定日・完済日など「取引に関する情報」。

約束の返済日を過ぎても支払がない場合の延滞情報・延滞が解消した場合の情報・債権回収、破産申立、強制解約及び債務に関する整理行為がなされた情報・約束の返済日を過ぎ保証会社が契約者本人に代わって借入金を返済した情報など「取引から発生する情報」。

会員が情報機関に照会した日付・他社へ債権を譲渡した情報・法人契約に関する連帯保証人の情報など「与信を捕捉するための情報」。

その他にも様々な情報が登録されています。ちなみにこれらの情報は要件によって規定されている一定期間が経過すれば抹消されます。

スポンサード リンク

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.