司法書士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

代理権(だいりけん)

代理権とは、本人に代わる別の者が行う意思表示が本人に対して直接その効力を生じるとされている代理行為を行う権限を指します。

まず代理には本人から代理人に代理権を与える任意代理と法律の規定による法定代理があります。

権限の定めのない代理人は

(一)保存行為(二)代理の目的である物又は権利の性質を変えない範囲において、その利用又は改良を目的とする行為の権限を有します。

但し法定代理の場合では代理権の範囲は法令により定められることが多くなっています。代理権を有する者は同一の法律行為については相手方の代理人となり、又は当事者双方の代理人となることは、債務の履行及び本人が予め許諾した行為を除けば出来ないことになっています。

また、第三者に対して他人に代理権を与えた旨を表示した者は、その代理権の範囲内においてその他人が第三者との間でした行為について、その責任を負うとされています。

代理権が消滅するための事由は

1.本人の死亡、

2.代理人の死亡又は代理人が破産手続開始の決定若しくは後見開始の審判を受けること

となっていますが、委任による代理権は前記1.2.のほか、委任の終了によっても消滅します。代理権を有しない者が他人の代理人として契約した場合、他人である本人の追認を得ることができなければ、契約の相手方の選択に従って、相手方に対して履行又は損害賠償の責任を負います。

スポンサード リンク

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.