司法書士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

行政書士(ぎょうせいしょし)

行政書士とは、総務省が所管し根拠法を行政書士法とする国家資格を指します。

官公署(各省庁、都道府県、市町村、警察署等)に提出する許認可等の書類や権利義務又は事実証明に関する書類を代理人として作成・提出することや相談に応じること等を業務とします。

官公署に提出する書類では

・会社設立の際に公証人の認証が必要な定款の作成や嘱託、認証等の手続、

・車庫証明、名義変更等車に関する手続、

・農地転用の許可申請や農地の売買許可の手続、開発行為許可、道路位置指定、公有地払い下げ、使用許可、工事承認等の手続、

・飲食店、旅館、パチンコ等風俗営業許可の手続・著作権の登録申請手続き

・入国管理に関する手続き 

等の申請書類の作成、提出を代理します。

また、権利義務・事実証明に関しては、内容証明書、公正証書原案、遺産分割協議書、各種契約書、念書、示談書、定款、各種議事録、会計帳簿、申述書等を代理で作成します。行政書士となることができるのは、

1.財団法人行政書士試験研究センターが実施する行政書士試験に合格した者

2.弁護士、公認会計士、税理士、弁理士となる資格を有する者

3.国又は地方公共団体の公務員として行政事務を相当する事務を担当した期間が通算して20年(高等学校卒業の場合は17年)以上になる者

とされています。

但し行政書士の資格があっても行政書士の登録をしなければ、行政書士の業務を行うことは勿論行政書士を標榜することも出来ません。

行政書士の登録は住所地の行政書士会を通じて日本行政書士会連合会に備えられている行政書士名簿に登録申請して行います。ちなみに行政書士のバッジはコスモスの花弁の中に「行」という字が配されており、調和と真心を表しています。

スポンサード リンク

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.