司法書士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

会社法(かいしゃほう)

会社法とは、平成17年6月29日「会社法の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律」と共に成立した法律を指します。

商法第2編 有限会社法、株式会社の監査等に関する商法の特例に関する法律等の各規定を現代的な表記に…

»詳細を見る

不動産登記法(ふどうさんとうきほう)

不動産登記法とは、不動産の表示及び不動産に関する権利を公示するための登記に関する制度を定めた法律を指します。

明治19年不動産に関する登記制度を導入する登記法が法律第1号として制定され、その後明治32年2月24日公…

»詳細を見る

商業登記法(しょうぎょうとうきほう)

商業登記法とは、商法、会社法その他の法律の規定により登記すべき事項を公示するための登記に関する制度について定めた法律を指します。

昭和38年7月9日法律第125号として公布され、昭和39年4月1日から施行されています。株…

»詳細を見る

供託法(きょうたくほう)

供託法とは、明治32年2月8日法律第15号として交付され、同年4月1日から施行されている供託の手続を定めた法律を指します。

第1条には供託所及び供託官についての定めが記され、第1条の四には供託官の処分を不当とする者は監…

»詳細を見る

民事訴訟法(みんじそしょうほう)

民事訴訟法とは、民事訴訟に関する手続きについて定めた法律を指します。

日本で初めて民事訴訟法が制定されたのは明治23年法律第29号で、ドイツの法学者へルマン・テッヒョーが起草しています。

この法律は大正15…

»詳細を見る

民事保全法(みんじほぜんほう)

民事保全法とは、民事訴訟における権利の実現を保全するための仮差押え及び係争物に関する仮処分並びに権利関係について仮の地位を定めるための仮処分について定めた法律を指します。

平成元年12月22日法律第91号として…

»詳細を見る

民事調停法(みんじちょうていほう)

民事調停法とは、民事に関する紛争について当事者の互譲によって、条理にかない実情に即した解決を図ることを目的とする法律を指します。

昭和26年6月9日法律第222号として公布され昭和26年10月1日に施行されています。

»詳細を見る

商法(しょうほう)

商法とは、商人の営業、商行為その他の商事について定めた法律を指します。

明治23年法律第32号として成立し明治25年法律第8号によりその施行を延期された、いわゆる旧商法は、その後明治32年3月9日法律第48号によって新商法が…

»詳細を見る

民法(みんぽう)

民法とは、私権、権利の行使及び義務の履行、権利の濫用等を基本原則とする法律を指します。

明治29年法律第89号として明治29年4月27日に公布され、明治31年7月16日に施行され、第一編総則から第五編の相続まで全1044条で構成されて…

»詳細を見る

任意後見契約に関する法律(にんいこうけんけいやくにかんするほうりつ)

任意後見契約に関する法律とは、任意後見契約の方式、効力等に関する特別の定めや任意後見人に対する監督に関し必要な事項を定めた法律を指します。

平成11年12月8日法律第150号として公布され、平成12年4月1日から施行されて…

»詳細を見る
スポンサード リンク

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.