司法書士

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

遺言書(いごんしょ・ゆいごんしょ)

遺言書とは、財産処分について被相続人の意思で作成され法律(民法第960条)に定められる要件が満たされた書面を指します。

民法では遺言の一般的な方式として遺言者がその全文・日付・氏名を自書しかつ押印のある「自筆…

»詳細を見る

遺言執行(いごんしっこう・ゆいごんしっこう)

遺言執行とは、他人の遺言の内容を実現する事を指し、遺言執行者とは遺言執行を任務とする者を指します。

遺言書に遺言執行者が指定されていないときや指定されていた遺言執行者が亡くなったときは、当該遺言書に…

»詳細を見る

遺産分割協議書(いさんぶんかつきょうぎしょ)

遺産分割協議書とは、相続人が複数人いるとき相続財産はその共有に属す(民法第898条)とされ、複数の相続人を指す共同相続人の間で具体的にどの相続財産をどの相続人が継承するのかという話合いが調った後に作成される書面を…

»詳細を見る

死因贈与(しいんぞうよ)

死因贈与とは、贈与者の死亡によって効力を生じる贈与を指します。

贈与は当事者の一方が自己の財産を無償で相手方に与える意思を表示し、相手方が受諾することによってその効力を生ずる(民法第549条)とされるもの…

»詳細を見る

生前贈与(せいぜんぞうよ)

贈与とは、当事者の一方が自己の財産を無償で相手方に与える意思を表示し、相手方が譲り受けることを承諾することによって効力を生じる契約を指します。

無償で与える者を贈与者、譲り受ける者を受贈者とよび、受…

»詳細を見る

相続(そうぞく)

相続とは、被相続人(死亡した者)の財産上の権利や義務を相続人(遺族等)が承継することを指します。

従来、家督相続と遺産相続の定めがありましたが、1947(昭和22)年に行われた民法改正によって家督相続の定めは廃…

»詳細を見る

法定相続(ほうていそうぞく)

法定相続とは、民法第900条に定められている法定相続分に従って相続人に分配される相続の手続を指します。

被相続人の遺言が存在した場合や相続人全員が行う遺産分割協議において遺産分割の協議が調った場合において…

»詳細を見る

相続放棄(そうぞくほうき)

相続放棄とは、相続が開始(被相続人の死亡)した後被相続人の権利や義務を一切承継しないという意思表示をすることを指します。

相続が開始したとき、相続の効果は相続人の意思と無関係に生じるため相続人には

»詳細を見る

遺贈(いぞう)

遺贈とは、遺言により遺言者の財産を無償で譲ることを指します。

遺贈は遺言者の単独行為であり遺言者が生前に「自分が死んだら○○○をあげます」などという契約に基づいて行われる死因贈与とは異なります。

»詳細を見る

遺留分(いりゅうぶん)

遺留分とは、被相続人死亡後の相続人の生活を保障し相続人間の公平を図るため、兄弟姉妹を除く相続人に認められた相続財産の割合額を指します。

遺留分権利者は配偶者・子(代襲相続人)・直系尊属のみとされ、民法第1028…

»詳細を見る

寄与分(きよぶん)

寄与分とは、共同相続人のうち、被相続人(死亡した人)に対して特別な貢献をした人に法定相続分とは別に相続することが認められるものを指します。

被相続人の財産の維持や増加に貢献度が高い人と、貢献度が低い…

»詳細を見る
スポンサード リンク

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.